2014年6月20日金曜日

オープンソースを活用した運用管理の最先端!(6/4 第5回 OSS運用管理勉強会参加報告)

無題ドキュメント

オープンソースを積極活用したシステムインテグレーションに興味があり、今年の4月にサイオステクノロジーに中途入社した髙岡です。こんにちは。

さて、初めてのブログ投稿となる今回は、6/4(水)に参加してきたOSS運用管理勉強会の報告です。この勉強会はサイオステクノロジーが法人企業会員として参加しております。オープンソースの世界で最先端を行く方々のお話を聞くことができ、とても参考になりました。

今回のトピックは2つです。

『運用統合ソフトウェア「Hatohol」のご紹介』

複数のZabbixサーバの監視対象機器だけでなく、Nagiosの監視対象機器も纏めて監視できる統合ビューアです。今後は監視だけでなく、インシデント管理等の機能追加も目指しているそうです。

確かに、大規模ユーザの電算センターとか、データセンターのオペレーションルーム等を覗いてみると、JP1ならJP1コンソール、TivoliならTivoli用コンソール、TNGならTNGコンソール etc.....

など、製品毎に専用のコンソールが置かれていて、それぞれの製品毎に運用設計を行い、使い方を覚える必要があります。それらを一つのソフトウェア、ユーザインターフェースで管理できれば、運用負荷が大幅に軽減できることが期待できます。

このような運用統合ツールは「有償製品ならあるけど、オープンソースには無いよね」という声をきっかけに開発を始めたそうです。私はこれまでオープンソースに対しては、基盤系エンジニアとしての立場で関わってきましたので、オープンソースそのものを開発する立場ではありません。

 

実際にオープンソースを開発されている方のお話を直で聞くのは初めてだったこともあり、基盤系のエンジニアとしてはちょっと難しい内容だったのですが、とても興味深いものでした。技術要素の詳細は資料は、上記リンクの資料をご覧いただきたいのですが、興味深かったのが、ログ管理機能として使っているFluentdです。

ということで、Fluentdも初耳だったので調べてみました。

ログ管理機能としては、syslog、syslog-ng、rsyslogを活用する事例が多いかと思います。昔のように物理サーバ一台に一つのシステムが動いている環境だけでなく、仮想基盤上やクラウド上でも動くシステムが出現し、しかもログを出力するシステムは急に増えることもある、という状況に対する従来のsyslogの限界を克服するために出現してきたツールのようです。現在は、統合対象はZabbixとNagiosのみで監視が主な機能ですが、インシデント管理、ログ管理、更にはジョブ管理 etc.. 運用統合機能を増やしていってほしいものです。商用製品ベンダーをギャフンと言わせるような発展を期待しています!

『Zabbix徹底活用術の紹介』について

Zabbixの機能やアーキテクチャをきちんと理解して、うまく活用してきましょう、というのが発表の主旨です。これは、Zabbixだけでなく他の製品やOSSにも共通して言えることですよね。。

エンジニアって、初めて触る製品やソフトウェアのインテグレーションをする機会が多いかと思いますが。。皆さん、頑張って勉強しましょう。(汗

私は、商用の運用管理ツールの経験はあるのですがZabbixの経験が無いので、あまりお話の有難みを実感できなかったのが残念でした。Zabbix経験のある方であれば、なるほど、と感じるTIPS的な要素があったのではと思います。

最後に懇親会風景です。

ベンチャー企業の社長さんから、ベンダーの部長クラスの方、現場で運用管理を担当している方、若い方からベテランの方まで、幅広い層の方が参加されていました。

  • 女性は殆ど居なかったので、老若男女とは言い切れません。。

人脈をひろげたり、参考になる話を聞くことができる良い機会なので、次回開催時には皆さんもぜひ参加してみてください。

さて、サイオステクノロジーでは、オープンソースに興味がある方を積極的に採用しております。

徹底的にオープンソース技術を深堀したい方、興味のある方の応募をお待ちしております!

http://www.sios.com/recruit/career.html


2014年6月12日木曜日

サイオスの Nginx ユーザーコミュニティ活動

こんにちは、村田です。

サイオステクノロジーのWebサイトにユーザーコミュニティ活動のページが出来た事はご存知でしょうか。
今回はこの中から来週ユーザー会が立ち上がりますコミュニティ活動についてご案内します。

サイオスの Nginx ユーザーコミュニティ活動

近年注目を集めているオープンソースのWebサーバー、Nginx (エンジンエックス)についてサイオステクノロジーは日本のユーザー同士の情報交換や勉強会などを実施していくためのユーザーコミュニティを立上げ、支援してまいります。

今後ユーザーコミュニティWebサイトの公開、さまざまな形式の支部の設立、オープンソースカンファレンス等での出展、勉強会開催などに関わっていく予定で、6月18日(水)に実施するNginxユーザー会としての初回の集まりを下記URLでご案内しています。

サイオス | Nginx ユーザーコミュニティ活動
http://www.sios.com/us/nginxcomm.html

Nginxユーザ会 #0
http://connpass.com/event/6682/
(サイオステクノロジーの外部サイト外に接続されます)

Nginxユーザ会 #0 には既に定員を超える登録を頂いております。当日は USTREAM でのライブ中継も予定しておりますので、ご興味をお持ちの方は SIOSチャンネルからのご視聴をご検討ください。

SIOSチャンネル
http://www.ustream.tv/channel/sios