2014年1月24日金曜日

2014年2月4日 第4回 OSS運用管理勉強会開催決定!

こんにちは、今回はOSS運用管理勉強会の村田としてご案内します。

2014年2月4日(火)に「第4回 OSS運用管理勉強会」が、サイオステクノロジー 9F、コラボレーションラウンジにて開催することが決定しました。普段はサイオスの社員のみが利用できるリフレッシュスペースですが、今回、特別に勉強会会場として提供します。
サイオスの内部を見ることができる機会でもあるので、サイオスに興味がある方もお気軽にご参加下さい!

OSS運用管理勉強会は、「Zabbix」をはじめとしたオープンソースソフトウェアの運用管理ツールを企業システムで利活用するための情報交換と情報発信を目的として、2013年7月に設立された非営利団体です。サイオスもメンバーの一員として活動を行っております。

さて、今回の運用管理勉強会の内容ですが、Zabbixを活用した「運用の自動化」という点でプレゼンテーションが予定されています。
普段から運用業務に携わる方には、運用にかかるエンジニア工数は課題の一つではないでしょうか。日々の運用業務から開放されることで、これまで手が付けられていなかった業務の改善や新たなサービスの対応など、よりビジネスを拡大させるための活動に時間を使うことできるようになります。

簡単ですが、今回の勉強会で取り扱うソフトウェアをご案内します。

運用自動化プラットフォーム「Kompira」

Kompira は日々の運用を自動化するツールです。
シンプルで分かりやすいジョブフロー言語により、既存の運用フローや手順から違和感なくジョブフローを起こすことができます。オープンソース・ソフトウェアとの連携も簡単にでき、今回の勉強会では Kompira を活用した実践的で効率的な Zabbix の運用をご案内します。

Kompira
http://www.kompira.jp/

Herokuのオートスケール addon 「Bounscale」

Bounscale は Heroku のオートスケール addon として組み込まれるオートスケール機能です。
この Bounscale は Zabbix を利用してログを取得しており、そのアーキテクチャについて勉強会でご案内します。
Zabbix を組み込んだソフトウェア開発のヒントにもなるのではないでしょうか。

Bounscale
https://github.com/bounscale/bounscale

■ 第4回OSS運用管理勉強会開催概要 ■

【日時】2014年2月4日(火) 17:30~21:00(17:00~受付開始)

【場所】サイオステクノロジー株式会社 9F コラボレーションラウンジ

【定員】100名(懇親会は先着50名様まで)

【費用】勉強会:無料、懇親会:会費制(2,000円)

【プログラム】

 17:30~18:15 Zabbix入門セミナー「はじめてのZabbix」
   ※ 定員:30名(先着順)

 18:30~18:35 オープニング

 18:35~19:15 (Q&A:5分) プレゼンテーション(1)
 『運用自動化プラットフォーム「Kompira」を活用した効率的なZabbix運用』

 19:15~19:55 (QA:5分) プレゼンテーション(2)
 『Zabbixを活用したPaaSオートスケールサービス Bounscale』

 20:00~21:00 懇親会(立食形式・軽食とお飲み物)
 ※懇親会は先着50名、会費制(2,000円)となります。
  懇親会へ参加希望の方は、勉強会お申込みの際に必ず懇意会へ「参加する」
  にチェックを入れてお申込みください。

▼▽ 詳細/お申し込みはこちらから ▽▼
http://www.oss-kanri.org/20140204_vol04/

 

2014年1月16日木曜日

PostgreSQL 9.3 の JSON データのインデックス

こんにちは。渡辺です。

前回は PostgreSQL 9.2 で実装された JSON サポートの機能を振り返ってみましたが、今回は PostgreSQL 9.3 で強化された JSON サポートの機能が、どのように利用できるようになったか確認してみます。

PostgreSQL 9.3 から JSON データ型のサポートが強化され、JSON データ型のオペレータや関数が利用できる様になりました。

PostgreSQL 9.2 では JSON データにインデックスを利用するには PLV8 を利用する必要がありました。PostgreSQL 9.3 からはオペレータ等を利用して JSON データに高速にアクセスできるようになります。