2012年12月28日金曜日

オープンソースのアンケートシステム「LimeSurvey」を使ってみよう ~設定編~

こんにちは。サイオステクノロジーの貝野です。

「LimeSurvey」のご紹介の続きです。

前回は、LimeSurvey を使うに当たっての前準備と、インストールの手順についてご紹介しました。
では早速アンケートを作成して公開!…といきたいところですが、その前にアンケート管理を行うための
各種設定についてご紹介します。

※こちらの手順は、アンケート作成において必須ではありませんので、設定を行わなくても
アンケート作成はできます。

2012年12月27日木曜日

オープンソースのアンケートシステム「LimeSurvey」を使ってみよう ~インストール編~

こんにちは。サイオステクノロジーの貝野です。

今回は、「LimeSurvey」のご紹介をしたいと思います。

LimeSurvey とは、Web アンケートシステムの名称です。
オープンソースでありながら、多くの機能(メール通知、結果の集計)が搭載されていることが特徴です。

今回は、LimeSurvey のインストールから設定の手順までをご紹介します。

2012年12月26日水曜日

Oracle Linux 第6回: DTrace for Oracle Linux の利用

こんにちは。サイオステクノロジーの小川です。
今年最後の Oracle Linux 連載は DTrace の使用方法と動作についての紹介をします。

DTrace for Oracle Linux は稼働中のカーネルやアプリケーションの情報を取得し、リアルタイムでのトラブルシューティングを可能にする動的トレーシング機能です。

DTrace の概要は "DTrace for Oracle Linux GA 発表" の記事にて詳細をご案内しております。

ここから DTrace の使用方法と動作を紹介していきます。
まず、ULN にて、該当 Oracle Linux に DTrace のチャンネルを追加します。

  • チャンネル名: Dtrace for Oracle Linux 6 (x86_64) - Latest
  • チャンネルラベル: ol6_x86_64_Dtrace_latest

コマンドラインから確認して、ol6_x86_64_Dtrace_latest が追加されていれば準備は完了です。

[root@ol63uek ~]# rhn-channel --list
ol6_x86_64_Dtrace_latest
ol6_x86_64_MySQL
ol6_x86_64_UEK_latest
ol6_x86_64_addons
ol6_x86_64_latest
ol6_x86_64_oracle

2012年12月25日火曜日

DTrace for Oracle Linux GA 発表

こんにちは。サイオステクノロジーの小川です。

先日 Oracle Linux 用 DTrace の GA 版が発表されました。

 Announcement: DTrace for Oracle Linux General Availability
 https://blogs.oracle.com/linux/entry/announcement_dtrace_for_oracle_linux

2012年12月18日火曜日

Oracle Linux 第5回 Unbreakable Enterprise Kernel (UEK)

Oracle Linux の主な特徴として、「ダウンタイムゼロでパッチの適用ができる Ksplice」を紹介しましたが、今回はもう一つの大きな特徴である、Unbreakable Enterprise Kernel (UEK) についてご紹介したいと思います。

Oracle Linux は Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 互換 OS ですが、RHEL 互換 kernel とは別に Oracle 社が独自に改良を加えた Unbreakable Enterprise Kernel (UEK) が含まれています。

2012年12月10日月曜日

Jenkins 活用方~Jenkins を用いたジョブ管理~

こんにちは。サイオステクノロジーの貝野です。

本日は、「jenkins」の活用法をご紹介したいと思います。

jenkins とは、オープンソースのCIサーバの名称です。
jenkins には様々なプラグインがあり、テストやビルド以外にも色んな用途があります。

そこで、用途のひとつとして jenkins で job を管理する方法についてご紹介します。

2012年12月7日金曜日

Oracle Linux 第4回 ゼロ・ダウンタイム アップデート機能「Ksplice」管理編

Ksplice も概要編、導入編とご紹介してきましたが、今回は Ksplice 管理編をご紹介します。

Ksplice では、コマンドラインからの管理と Web の管理画面 「Uptrack website」 からの管理が行えます。今回は Uptrack website を中心に、Ksplice の管理についてご紹介します。

2012年12月6日木曜日

Oracle Linux 第3回 ゼロ・ダウンタイム アップデート機能「Ksplice」導入編

Oracle Linux 連載記事の第2回にて「Ksplice」の機能概要についてご案内しましたが、今回は実際にどのように「Ksplice」を使用するのかをご案内します。

既に Oracle Linux 連載記事の第1回で、Unbreakable Linux Network (ULN) 登録までをご案内しています。今回は登録後の状態から話を進めていきます。ULN の登録で不明な点がありましたら、第1回の内容をご参照ください。

2012年12月5日水曜日

Red Hat Enterprise Virtualization 3.1 リリース!

こんにちは、OSSテクノロジーセンターの原です。

米 Red Hat より Red Hat Enterprise Virtualization 3.1 (RHEV3.1) がリリースされました

この RHEV3.1 はマイナーアップデートながら、RHEV3.0 から非常に多くのアップデートが含まれています。

以前の RHEV3.0 はプラットフォームとして JBoss EAP5 を使用していましたが、このアップデートからは EAP6 を使用して提供されます。また、RHN の RHEV-M の提供チャンネルも追加変更されているので、RHEV3.1 を利用する場合、以下のチャンネルを有効にします。(Red Hat Network クラシック管理の場合)

  • Red Hat Enterprise Virtualization Manager (v.3.1 x86_64)
    • 別称: rhel-x86_64-server-6-rhevm-3.1
    • Red Hat Enterprise Virtualization Manager を提供します。
  • JBoss Application Platform (v 6) for 6Server x86_64
    • 別称: jbappplatform-6-x86_64-server-6-rpm
    • Manager を稼働させるアプリケーションプラットフォームの対応リリースを提供します。