2012年8月14日火曜日

Windows Azure の IaaS について (2)

こんにちは、サイオステクノロジーの山田です。

前回は Windows Azure の IaaS を利用して、CentOS を OS とする 仮想マシンをディプロイするまでの方法を解説しました。

今回は、ディプロイした仮想マシンについてどのような状態になっ ているのかを見いていくことにしましょう

右の図は前回ディプロイした仮想マシン CentOS6-2 が稼働中であることをしめしています。

"CentOS" の右側にある矢印 "→" をクリックすると仮想マシンのダッシュボード画面が現れます。

左上は時系列で見た CPU 使用率、データの入出力量、ディスクのリード及びライトのスループットがグラフで示されます。

その下の CPU の利用状況、ディスクの詳細が示されています。

次に右側の "quick glance" のところを見ていきます。この部分を拡大すると下記のようになります。

Windows Azure の IaaS について (1)

こんにちは、サイオステクノロジー OSS テクノロジー・センターの山田です。

Windows Azure の 90 日間評価版を使って Windows Azure の IaaS を試して
みたので、使い方をまとめておきます。

まず Windows Azure のホームページ左上に無料評価版へのリンクがあるので、ここから無料評価版の登録を行います。

登録が完了したら、またホームページに戻り、画面上方のアカウントという部分をクリックします。すると次の画面が現れます。