2012年6月27日水曜日

virt-v2v を使用して Xen 環境から KVM 環境へ

こんにちは。サイオステクノロジー OSS テクノロジーセンターの村田です。

SIOS では、本日も RHEV ハンズオンセミナーを開催しております。 その、関連したトピックスとして v2v の機能をご案内したいと思います。


Red Hat より Xen を標準搭載した Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 5 が発売されたのが 2007年3月となるため、当時導入を行なわれたシステムも5年以上経過し、リプレースの時期が来ているのではないでしょうか。

この時に Xen で仮想環境のシステムを導入された方の中には、現在動作している Xen 仮想ホスト上の VM はどのように移行しようかと、お悩みの方も中にはいるのではないかと思います。

今回は、当時の Linux では標準的に提供されていた Xen 仮想ホストから KVM 仮想ホストへ移行を行う virt-v2v をご案内します。

まずは簡単ですが、virt-v2v の概要と対応する仮想ホストを紹介します。

virt-v2v とは

virtual to virtual の略で Xen、KVM、VMware ESX 仮想プラットフォームの仮想マシンを libvirt で管理する KVM もしくは、 Red Hat Enterprise Virtualization (RHEV) で稼働するよう変換する機能です。


virt-v2v が対応するソースハイパーバイザー(元となる仮想ホスト)

- Xen
- KVM
- VMware ESX

virt-v2v は、Xen 以外にも VMware ESX の仮想ゲストも移行できるので、プロプライエタリな製品からオープンソースへという流れもできそうですね。

ここからは導入方法からコンバートまでを最小の手順で行ないたいと思います。

SUSE Studio で仮想マシンを作成してみよう!

こんにちわ。サイオステクノロジーの稲垣です。

今回は、SUSE Studio についてご紹介します。

既にご存知の方も多いとは思いますが、SUSE Studio は Web 上で仮想マシンの作成やハードディスクのイメージ作成、ライブ CD の作成などを行うことが出来るプログラムです。

では、早速使用方法をみていきましょう。

まずは、以下のリンクにアクセスします。

  SUSE Studio

2012年6月22日金曜日

RHEV のアップストリーム、oVirt 3.1beta を試してみました 第2回: GlusterFS 連携

こんにちは、OSSテクノロジーセンターの原です。

前回は oVirt3.1beta の engine 部分の導入を紹介いたしました。

今回は、目玉の一つである GlusterFS 連携についてご紹介したいと思います。

2012年6月21日木曜日

SLES11SP2 新機能 「Snapper」

ごきげんいかがですか。サイオステクノロジーの稲垣です。

最近、遅ばせながら SLES11SP2 を触っています。

今回は、その SLES11SP2 にて導入された新機能「Snapper」について紹介したいと思います。

SLES11SP2 では、新たに Btrfs というファイルシステムがサポートされました。

Btrfs の主な機能の 1 つとしてスナップショットを使用できる点が挙げられますが、そのスナップショットを GUI で管理できるようにする機能が Snapper となります。

今回は、スナップショットと Snapper を使用して、PostgreSQL をインストールした後にインストール前の状態に戻すという作業を行なってみます。

※今回の環境は、OS インストール時にシステムディレクトリを Btrfs にフォーマットしています。

では、早速使用してみましょう。

2012年6月19日火曜日

/etc/hosts に同一ホスト名で異なる IP アドレスを設定した場合の挙動

おはようございます。サイオステクノロジーの稲垣です。

今回は、/etc/hosts ファイルに 2 つ以上の異なるネットワーク上に存在する IP アドレスを記載した時の挙動について、ご紹介します。

例えば、/etc/hosts ファイルに以下のような記載があるとします。

【記載例】
192.168.0.100         sample
192.168.1.100         sample

この場合、デフォルトの設定では最初に設定された IP アドレスが使用されます。

この挙動は、/etc/host.conf ファイルの内容を変更することにより変化します。

複数の IP アドレスを扱う設定値としては、"multi" または "reorder" になります。 いずれもデフォルト値は off です。

"multi on" に設定することにより、最初に設定されたホスト名だけでなく、同一ホスト名で複数設定されているすべての IP アドレスを返します。

"multi on" と設定し、さらに "reorder on" とすることにより、同一ホスト名で複数の IP アドレスが存在する場合、同じサブネット内の IP アドレスを先に返す挙動になります。

なお、いずれの設定を行なってもラウンドロビン等は行われません。

その他にも host.conf にて設定可能な項目はありますので、詳細については "man 5 host.conf" を参照してみてください。

以上、稲垣でした。

2012年6月18日月曜日

RHEV のアップストリーム、 oVirt 3.1beta を試してみました 第1回

こんにちは、OSSテクノロジーセンターの原です。

以前ご紹介した oVirt 3.0 の最新開発版である 3.1beta が出ていましたので試して見ました。

前回: オープンソース仮想化管理ソリューション oVirt 3.0 を使ってみました

oVirt は Red Hat Enterprise Virtualization(RHEV) のアップストリームとなっており、これに取り込まれた機能たちは次の RHEV で取り込まれる可能性があります。

というわけで早速新規インストールで試してみます。

なお、以下の情報を参考に構築しました。

途中までは 3.0 の時とほぼ同じ構築手順です。

2012年6月8日金曜日

ネイティブ API と抽象化 API のパフォーマンス

こんにちは。サイオステクノロジー 渡辺です。

今回は PostgreSQL へのアクセスにおけるネイティブ API と抽象化 API のパフォーマンスについて紹介をします。

はじめに
PostgreSQL は libpq と呼ばれる Cライブラリを提供しています。Cプログラムの場合、libpq ライブラリで提供された API を用いて PostgreSQL サーバを操作します。Ruby や PHPなど C言語で作成されたプログラムは、libpq を利用したモジュールを提供しています。Ruby では ruby-pg, PHP では pgsql や PDO の PostgreSQL ドライバが libpq を利用しています。

2012年6月7日木曜日

クラウド対応満載の Fedora17 リリース!

こんにちは、OSSテクノロジーセンターの原です。

去る 5月29日、待望の Fedora17(Beefy Miracle) がリリースされました。

ここ 2~3年、自宅では Windows は全く使わず Fedora で生活しています。という訳で、早速環境を 17 にアップグレードしました。

なお、通常 Fedora のバージョンをまたいだアップグレードは以下の方法で行いますが、今回はディレクトリ構成が変更され、/usr ディレクトリ下に /bin、/sbin、/lib が配置されるようになった関係もあり、一筋縄ではきません。

# yum --releasever=17 --disableplugin=presto distro-sync

具体的にはファイルシステムの変換が必要になります。

詳しくは公式 Wiki の Upgrading Fedora using yum をご確認ください。

Fedora17 の主な特徴は次のとおりとアナウンスされています。

  • GNOME 3.4 および KDE 4.8
  • OpenStack, Eucalyptus, CloudStack および Open Nebula
  • カラー印刷時の ICC プロファイル、他、色々と改良された GIMP
  • 仮想化環境へのさらなる対応強化

ここで気になるのは、やはり 2個目と 4個目ですね。

Fedora17 では、Cloud 関連がかなり強化されています。以下はリリースノートの引用です。

2.6.1. CloudStack

Fedora 17 は CloudStack パッケージを含みます。これは成熟した Infrastructure as a Service (IaaS) プラットフォームを提供します。

2.6.2. OpenNebula

Fedora 17 は新しく OpenNebula を追加しました。OpenNebula はデータセンター仮想化に適合した IaaS プラットフォームを提供します。環境の管理はコマンドラインまたはグラフィカルインターフェースを通して実行できます。Amazon EC2 the Open Cloud Computing Interface (OCCI) との互換性が含まれます。

2.6.3. OpenStack

Fedora 17 は OpenStack スイートの最新バージョン、コードネーム "Essex" が含まれています。この新しいリリースに含まれるのは、最新バージョンのウェブ管理インターフェース ("Horizon") および仮想ネットワーク ("Quantum") です。AQMP バックエンドに対する RabbitMQ の代替として Qpid が新しく Fedora 17 において使用されます。さらに、複数の仮想ディスク形式をサポートする libguestfs の利用により、Fedora の OpenStack はより柔軟性を提供できます。

2.6.4. Open vSwitch

Fedora 17 は Open vSwitch を含みます。これは仮想マシンにネットワークサービスを提供するために使用されるソフトウェアによるネットワークスイッチです。Open vSwitch は管理しやすくするために OpenFlow をサポートします。

今をトキメク OpenStack、CloudStack、OpenNebula、Open vSwitch どれでも選び放題ですね!

しかも、Fedora で導入された機能は、将来 RHEL に取り込まれる可能性があります。

ということは・・・これからが実に楽しみですね。

もちろん、先日紹介した oVirt に関しても、リポジトリに登録されました。

みなさまもこの機会に、将来 RHEL に取り込まれるであろう機能たちを Fedora を通じて試してみてはいかがでしょうか。